Tag Archives: ヴァイオリン

(9)バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV1004

時代遅れの男 音楽史の中にバッハをおいてみれば、彼はとんでもなく時代遅れの人でした。 ヴィヴァルディの協奏曲に代表されるように、時代は明らかにポリフォニーな音楽からホモフォニーな音楽へと移り変わりつつありました。 そして

(8) ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意への試み」より「四季」 作品8

独奏協奏曲という形式の生みの親 ヴィヴァルディの「四季」は立ち位置が微妙です。 クラシック音楽のレコードでもっとも売れたのはイ・ムジチの「四季」だと言われています。 しかし、イ・ムジチの「四季」が自分のコレクションの棚に